ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話

  • 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話

電子書籍版

数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    304
  • デジタルコンテンツタイトル名
    数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話
  • ISBN
    978-4-8156-0399-1
  • 発売日
    2019年11月23日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,500 (税込:1,650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ●本書の概要
    第1章「無限のキャンバス」では、数学が苦手な女の子「ノナちゃん」が登場し、高校生の「僕」との対話が始まります。

    第2章「直線の限りを尽くして」では、座標平面上に描かれた直線を題材にして「数学を理解すること」を学びます。

    第3章「暗記と理解」では、数学を学ぶときの「暗記」について、「僕」と後輩のテトラちゃんが対話をします。勉強は覚えることなんだろうか、覚えないですむことはないんだろうか。絶対に覚えなくてはいけないことはなんだろうか。数学をめぐって多様な対話がなされます。

    第4章「何がわからないか、わかりません」では、数学がわからなくて途方にくれたときの気持ちが話題になります。何もかもわからない。何がわからないかもわからない。そんなどうしようもない気持ちになったとき、どうやって数学を学んだらいいのでしょうか。そのためのちょっとしたヒントと発想法が語られます。

    第5章「教える・学ぶ・考える」では、数学という科目に留まらず、考えるということの意味について語られます。考える上で大事なこと、学校で、あるいは学校を越えて生涯学んでいくために大切なことを探っていきます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 数学ガール
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話
  • 数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中