ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イヴリン嬢は七回殺される

  • イヴリン嬢は七回殺される

電子書籍版

ポイント倍率

イヴリン嬢は七回殺される

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    424
  • デジタルコンテンツタイトル名
    イヴリン嬢は七回殺される
  • ISBN
    978-4-16-391048-2
  • 発売日
    2019年08月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,667 (税込:1,833

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フィナンシャル・タイムズ選ベスト・ミステリ!
    コスタ賞最優秀新人賞受賞!

    仮面舞踏会の夜、令嬢イヴリンは死んだ。
    おまえが真犯人を見つけるまで、彼女は何度も殺される。

    館ミステリ+タイムループ+人格転移。 驚異の超絶SF本格ミステリ、登場。


    森の中に建つ屋敷〈ブラックヒース館〉。そこにはハードカースル家に招かれた多くの客が滞在し、夜に行われる仮面舞踏会まで社交に興じていた。
    そんな館に、わたしはすべての記憶を失ってたどりついた。自分が誰なのか、なぜここにいるのかもわからなかった。だが、ひょんなことから意識を失ったわたしは、めざめると時間が同じ日の朝に巻き戻っており、自分の意識が別の人間に宿っていることに気づいた。とまどうわたしに、禍々しい仮面をかぶった人物がささやく――今夜、令嬢イヴリンが殺される。その謎を解き、事件を解決しないかぎり、おまえはこの日を延々とくりかえすことになる。タイムループから逃れるには真犯人を見つけるしかないと……。
    悪評ふんぷんの銀行家、麻薬密売人、一族と縁の深い医師、卑劣な女たらしとその母親、怪しい動きをするメイド、そして十六年前に起きた殺人事件……不穏な空気の漂う屋敷を泳ぎまわり、客や使用人の人格を転々としながら、わたしはの謎を追う。だが、人格転移をくりかえしながら真犯人を追う人物が、わたしのほかにもいるという――

    英国調の正統派ミステリの舞台に、タイムループと人格転移というSF要素を組み込んで、強烈な謎とサスペンスで読者を離さぬ超絶SFミステリ。イギリスの本読みたちを唸らせて、フィナンシャルタイムズ選ベスト・ミステリ、コスタ賞最優秀新人賞受賞。多数のミステリ賞、文学賞の最終候補となった衝撃のデビュー作!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 文春e-book
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • イヴリン嬢は七回殺される
  • イヴリン嬢は七回殺される

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中