ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 恐怖箱 八裂百物語

  • 恐怖箱 八裂百物語

電子書籍版

恐怖箱 八裂百物語

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    224
  • デジタルコンテンツタイトル名
    恐怖箱 八裂百物語
  • ISBN
    978-4-8019-1954-9
  • 発売日
    2019年07月30日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

650 (税込:715

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内容紹介

    二週に一度、社の酒と榊を取り替える仕事。
    その裏に何が…(「気安い仕事」収録)

    引き裂かれる日常。傷口から覗く闇。恐怖と不思議の実話怪談100!

    4人の怪談猛者が代わる代わる紡ぐ百の実話怪奇譚。
    事故現場で瀕死の被害者と目があってしまった少女。
    その夜、寝ていると…「交通事故」、離島の海の水底にあった女性の顔。
    すすり泣く女は何を訴えて…「水中の女」、寝室に響くラジコンカーの発進音と壁にぶつかる激突音。
    音の正体は…「ラジコンカー」、イギリスの田舎町の宿屋に出るとある霊。
    見た者は幸運になるというが…「首なし」、新居の出窓にできる謎の水たまり。
    その原因は…「黒い手」、霊感がないことが雇用条件の高収入バイト、山の中でやらされる仕事とは…「気安い仕事」ほか、ページを捲る手が止まらない戦慄の百物語!


    著者について

    神奈川県出身。
    O型。
    大入道。
    足のサイズは31.5cm。
    いくつかの大学の非常勤講師の傍ら怪談蒐集と執筆を行う。
    ロシアンブルーの猫のお父さん。
    コーヒー焙煎とシフォンケーキ作りが趣味。
    主な著作に『実話怪談 寒気草』『恐怖箱 怖気草』、『恐怖箱 醜怪』他〈憂怪〉4部作(竹書房)など。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 竹書房文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 恐怖箱 八裂百物語
  • 恐怖箱 八裂百物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中