ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あじさいの唄 春爛漫の巻

  • あじさいの唄 春爛漫の巻

電子書籍版

ポイント倍率

あじさいの唄 春爛漫の巻

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    1997年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    160
  • デジタルコンテンツタイトル名
    あじさいの唄
  • ISBN
    978-4-09-184745-4
  • 発売日
    2019年07月05日

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:605

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ▼第1話-ゆびきり▼第2話-七夕▼第3話-春爛漫▼第4話-謎の水▼第5話-私は犬になりたい▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その一▼第6話-縁は異なもの味なもの▼第7話-こぶ▼第8話-傘、売ります▼第9話-人の気▼第10話-嫉妬▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その二▼第11話-河童▼第12話-秘密▼第13話-男らしさ▼第14話-背中▼第15話-雨▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その三▼第16話-髭▼第17話-友情▼第18話-火花▼◎大江戸くりくり「おまけ漫画」その四▼第19話-雑草▼第16話-飴●登場人物-栗太郎(幼くして母親をなくしたが、明るくて元気な男の子)、栗之助(捨て犬だったが、栗太郎に拾われ、家族の一員となった)、父上(栗太郎の父親。貧乏侍なので、傘を作って生計を立てている)●あらすじ-栗太郎の級友、竹村は、いつも同じ着物を着ている栗太郎のことを馬鹿にしたりするイケスカナイ奴。が、近所のおじさんの孫、お由美の前では少し違う。いじめっこから彼女を守ったり、いつもの饒舌がとたんにしどろもどろになったり…(第1話)。▼七夕の日、栗太郎が短冊に書いた願い事は「みくちゃんと両思いになること」。栗太郎は、みくの誕生日に、高価なものをプレゼントできず、馬鹿にされたまま別れたきりだったのだ(第2話)。▼栗太郎の描いた絵が寺子屋で花マルをもらうが、父に笑われるのではと思う彼はなかなか見せられない。案の上、その絵を見た父は大笑いをする。が、父は、本当はとても嬉しく…(第3話)。●その他の登場キャラクター-花木みく(第2、13話)、姫(第6話)、御尋ね者(第6、19話)、殿様(忠義)(第7、12、20話)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックス
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • あじさいの唄 春爛漫の巻
  • あじさいの唄 春爛漫の巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中