ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日

  • 2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日

電子書籍版

2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    290
  • デジタルコンテンツタイトル名
    2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日
  • ISBN
    978-4-492-76248-6
  • 発売日
    2019年06月21日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 関係者待望の1冊!業界トップコンサルタント、初の著書がついに刊行!
    2030年のアパレル業界の未来を徹底解説!
    これから10年でいったい何が起こるのか?生き残る企業、消える仕事は?
    アパレルの最新動向・業界の課題・処方箋、すべてがこの1冊に凝縮!

    《以下のことが知りたい人は、ぜひ本書をお読みください。アパレル業界を見る目が、きっと変わるはずです!》
    ■「服が売れない」は本当なのか?
    ■ユニクロ、ZOZO、良品計画……、世界で戦うための秘策
    ■海外からも注目のスタートアップは、何をしているのか?
    ■無理をしてでもデジタル投資をしたほうがいいのか?

    《業界を揺るがす10の本質的変化を徹底解説!》
    【1】2割の「能動的な消費者」はインフルエンサー化、プロシューマー化する
    【2】8割の「受動的な消費者」にはレコメンデーション機能の影響力が増す
    【3】お気に入りのブランドを「直販サイト」で購入する「DtoC」ビジネスモデルが増える
    【4】「売り手と買い手の情報格差」がなくなり、業界人の地位と仕事が奪われる
    【5】「無駄な在庫」を抱えるリスクがなくなる
    【6】「ただ着るだけの衣服」から進化する
    【7】服づくりのデザインプロセスもデジタル化する
    【8】人がいない工場や店舗が出現する
    【9】「マス・カスタマイゼーション」で、「受注生産」と「大量生産」の両立が可能になる
    【10】人事業務の高度化と効率化が実現する

    《「躍進する日本企業」と「迫り来る海外企業」から学べ!》
    エアークローゼット/良品計画/コムデギャルソン/45R/サカイ/ビズビム/アンリアレイジ/ユニクロ/ZOZO/シタテルetc.
    ブーフー/エイソス/エディテッド/スティッチフィックス/スーツサプライ/リフォーメーションetc.

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日
  • 2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中