ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?

  • 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?

電子書籍版

『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?
  • ISBN
    978-4-575-31420-5
  • 発売日
    2019年04月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「みんなで真剣に本気でプロレスに関わった。観た!感じた!語った!狂喜乱舞した!」(第二代編集長 ターザン山本)

    『週刊プロレス』、全盛期には公称30万部を誇る怪物雑誌として多大なる影響力を持っていた。スキャンダラスな誌面、取材拒否など事件の数々……今だからこそ語れる『週プロ』の真実を当時の記者たちはもちろん、プロレスラーや団体関係者、鎬を削っていたライバル誌の記者たちの証言をもとに、インターネットが発達した現在では二度とないであろう活字プロレスという“熱狂”を検証します。

    眠らない編集部が発信し続け、「業界」を震撼させた“活字”の正体とは
    さまざまな形で『週プロ』に関わった21名の証言

    杉山頴男(初代編集長)-ターザン山本(第二代編集長)-濱部良典(第三代編集長)-市瀬英俊(元記者)-安西伸一(元記者)-小島和宏(元記者)-佐久間一彦(第七代編集長)×鈴木健.txt(元記者)-鶴田倉朗(元記者)-谷川貞治(元格闘技通信編集長・元K-1プロデューサー)-金沢克彦(元週刊ゴング編集長)-永島勝司(元新日本プロレス取締役)-大仁田厚-宮戸優光、他

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?
  • 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中