ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~

  • 皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~

電子書籍版

皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    114
  • デジタルコンテンツタイトル名
    皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~
  • ISBN
    978-4-533-13299-5
  • 発売日
    2019年04月26日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

889 (税込:960

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    皇居の歴史・自然・文化・歩き方。これ1冊ですべてがわかるガイドブック。
    皇居の由緒、みどころ、見学申込方法、効率良い歩き方、魅力を満喫できるモデルコース。この誌面でしか見られない宮殿や宮内庁などの非公開エリア。
    本書はそれらの情報を1冊にすべて集めた皇居ガイドの決定版です。
    2016年から予約なしで見学できるようになった迎賓館赤坂離宮もあわせて掲載しました。

    ●皇居東御苑・二の丸庭園ガイド
    2018年には過去最多の入場者数を記録した皇居東御苑と二の丸庭園。広大な御苑・庭園には貴重な種を含めた四季の花が咲き、多くの野鳥や昆虫も生息しています。見られる時期(花木については場所も)、写真と共に紹介しました。

    ●江戸城の名残
    堀、門、石垣、櫓、番所、天守台など、皇居の随所に残る江戸城の名残を、写真を駆使して解説しています。

    ●皇居さんぽモデルコース
    東京ドーム約25個分の面積を有する皇居。3つのモデルコースで皇居の魅力を堪能しながらみどころを効率良く巡れます。

    ●非公開エリアの紹介
    戦後一時期は宮殿としても使われた宮内省、旧枢密院、両陛下のお住まいの御所、宮殿など一般非公開の建物を貴重な写真と共に解説しました。

    ●継承される伝統
    宮中祭祀、御田植え、御親蚕、雅楽など、歴代天皇・皇后および宮内庁の楽人が受け継いできた伝統について紹介。皇室の役割は華やかな接遇や公務ばかりではないのです。

    ●三の丸尚蔵館から懐古する平成
    皇居内の三の丸尚蔵館は、皇室ゆかりの品を展示する無料の博物館。天皇陛下から皇后陛下へ贈られた御品など、その収蔵品から平成の御代を振り返ります。

    ●迎賓館ガイド
    皇太子(後の大正天皇)御成婚時に東宮御所として建てられた赤坂離宮迎賓館。片山東熊による日本の宮廷建築の最高峰であるこの建物の価値とみどころを、一般見学コースの道順に沿って解説しました。豪華な内装、壁画や天井画、調度や屋根の上に見られる和洋折衷の意匠など、ポイントを押さえています。アクセスや見学方法についてもしっかり紹介。

    ●コラム「ボンボニエールとお祝い膳」
    御誕生、御成婚など慶事の際に作られる銀や磁器のボンボニエール。非売品ながらその美しさからコレクターも多いボンボニエールの中から、戦後の代表的な物を掲載。天皇誕生日や新年祝賀で参会者へのお土産となるお祝い膳や盃も写真と共に解説。


    ※この電子書籍は2019年4月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル JTBのMOOK
カラー フルカラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~
  • 皇居をあるく ~都心に残る歴史の森と建物~

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中