ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 読む寿司 オイシイ話108ネタ

  • 読む寿司 オイシイ話108ネタ

電子書籍版

読む寿司 オイシイ話108ネタ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    256
  • デジタルコンテンツタイトル名
    読む寿司 オイシイ話108ネタ
  • ISBN
    978-4-16-391015-4
  • 発売日
    2019年04月19日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,112 (税込:1,201

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本が世界に誇る健康食、お寿司。
    そのお寿司がもっと美味しく、もっと楽しくなるコラムが108本も詰まった本書は、
    150冊に及ぶ参考文献を読み込み、全国津々浦々を飛び回って職人に話を聞きまくった
    著者の「お寿司研究」の集大成です。

    「昭和天皇はコハダがお好み?」
    「江戸無血開城、勝海舟と西郷隆盛はお寿司を食べていた」
    「寿司屋の湯呑みが大きいのは職人が手抜きするため?」
    「ワサビを醤油に溶かすのは、ほんとうにマナー違反?」
    「寿司屋の修行に10年は本当に必要なのか?」
    「変わり種寿司だって面白い。うなぎバターやキャビア軍艦?」
    「江戸時代、マグロは人気がない『下魚』だった」
    「関東大震災で起きた物資不足が寿司ネタの幅を広げた」
    「江戸末期のグルメブームが握り寿司誕生の背景にあった」
    「江戸時代の握り寿司は、おにぎり並みの大きさだった?」

    などなど、歴史、作り方、流儀、高級店から回転寿司まで厳選トリビア、よいネタ揃ってます!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 文春e-book
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 読む寿司 オイシイ話108ネタ
  • 読む寿司 オイシイ話108ネタ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中