ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて

  • 鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて

電子書籍版

鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    176
  • デジタルコンテンツタイトル名
    鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて
  • ISBN
    978-4-635-82109-4
  • 発売日
    2019年03月29日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,280 (税込:1,382

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    好評の「鉄道まるわかり」シリーズ第4弾は、2017年に創立120周年を迎え、「東京スカイツリー(R)」の開業以降も「SL大樹」の運転、新型特急車「リバティ」の投入など話題が絶えない東武鉄道を取り上げます。

    浅草を起点に群馬県両毛地域を結ぶ東武スカイツリーライン・伊勢崎線系統、東武動物公園で分岐して世界文化遺産のある国際的観光地、日光を結ぶ日光線系統、さらに池袋を起点に川越や寄居を結ぶ東上線系統、大宮と船橋を結ぶ東武アーバンパークライン(野田線)で構成される路線網は、関東の私鉄で最長距離を誇ります。
    しかし、各路線の成立過程や現在までの経緯は悲喜こもごも、実に興味深い歴史があります。
    今回は、そんな東武鉄道を企業、路線、駅、車両、歴史、魅力の6項目から分析していきます。

    内容は東武鉄道の協力を得て、2019年3月16日ダイヤ改正を反映。東上線に復活した特急種別の最新列車「川越特急」や「TJライナー」の新制度も解説しています。


    【主な内容】
    ●第1章 東武鉄道の企業がわかる
    東武鉄道の概要やグループ企業、安全施策や環境対策などを、最新の取り組みを交えて紹介

    ●第2章 東武鉄道の路線がわかる
    東武鉄道の全12路線を個別に紹介。欄外には駅名、駅ナンバリング、駅間距離を記載

    ●第3章 東武鉄道の駅がわかる
    東武鉄道全206駅から特徴的な駅を取り上げ、歴史や構内の様子を一部は配線図を交えて詳しく解説

    ●第4章 東武鉄道の車両がわかる
    『リバティ』や50000系列、8000系列などの現役車両から1720系DRCや吊掛車、機関車などの懐かしの名車まで紹介

    ●第5章 東武鉄道の歴史がわかる
    会社のおいたち、東上線の成り立ち、高度経済成長期の興隆など、東武122年の歴史を凝縮

    ●第6章 東武鉄道の魅力がもっとわかる
    「TJライナー」「尾瀬夜行」「SL大樹」「東武動物公園」など、東武鉄道ならではの個性が際立つテーマを紹介

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー フルカラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて
  • 鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中