ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

  • 「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

電子書籍版

「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本
  • ISBN
    978-4-04-896474-6
  • 発売日
    2019年03月28日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • みんなは友達と仲良くやっているな、と感心することがあります。
    LINEとかでマメに連絡を取りあって、SNSでは友達が書いた記事に「いいね!」を押したりコメントをフォローしたりしている。
    飲み会を開いたり、友達の家族を誘ってバーベキューパーティーをして楽しんだりしている。「いいなー! あんなふうに友達と楽しく集まって遊べたら」「自分も友達を作って楽しくワイワイやりたいな」と思うけど「あれ? 友達がいない」という現実が。
     
    他のみんなは、気軽にメールでやり取りをしていてどんどん友達が広がっていったり、関係が深まったりするのに「自分だけ友達ができない」と孤独になってしまう。
    「自分の何がおかしいのかな?」と孤独になると考えてしまう。
    自分に魅力がないから友達ができないの?
    それとも緊張が高いからみんなが自分から離れてしまい友達ができないの?
    人一倍相手に気を使って、相手の気持ちや立場を考えているのに。
    そして誰よりも優しいし、たくさんの人に親切にしているのになぜ友達ができない? というのが不思議になる。

    カウンセリングでは、この友達関係の悩みってものすごく多くて「自分には友達がいない」とたくさんの人が悩みながら孤独から抜け出す努力をしています。
    友達関係をどうやって大切に育んでいったらいいかなどの方法をこの本では紹介していきます。
    友達をたくさん作ってみて、最終的に「やっぱり友達は自分にとってそんなに必要じゃなかったかも!」となって
    「あれ? あの孤独って本当に幻想だったんだ!」とこれまで抱えていた孤独から解放される。
    そして孤独から解放された時に、本当の友達が見えてきて、その友達に支えられて自分の人生を自由に生きられるようになります。(「はじめに」より一部抜粋)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本
  • 「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったとき読む本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中