ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 死生論

  • 死生論

電子書籍版

死生論

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    270
  • デジタルコンテンツタイトル名
    死生論
  • ISBN
    978-4-8191-1356-4
  • 発売日
    2019年03月22日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,100

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間が生きて死ぬということ
    人間には自分が本来果たすべきだった任務を果たして死ぬという大きな使命がある筈だ。
    私にも、いつも私がやるべきだと思われることがあった。

    死を自覚してこそ自由になれる
    人間が平等であるということは、すべての人に死が一回ずつ必ず与えられていることによって納得できる。その代わり二回死ぬ人もない。
    死ぬ運命を見極めると、逆にしたいことがはっきり見える。どうでもいいこともわかる。だから時間をむだにしない。

    日常の幸福があふれ出す珠玉の言葉

    《主な内容》
    ■(1) 途方もない解放
    ■(2) 人間の弱さといとおしさ
    ■(3) 「不便さ」の効用
    ■(4) 善良で最悪な社会
    ■(5) どこまでが「ひとごと」か
    ■(6) スローモーションの生き方
    ■(7) 危機に学ぶ
    ■(8) 職業に適した年齢

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 死生論
  • 死生論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中