ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白夜の警官~BLACKOUT~

  • 白夜の警官~BLACKOUT~

電子書籍版

ポイント倍率

白夜の警官~BLACKOUT~

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    336
  • デジタルコンテンツタイトル名
    白夜の警官~BLACKOUT~
  • ISBN
    978-4-09-406424-7
  • 発売日
    2019年03月15日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

770 (税込:847

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英国でドラマ化の人気シリーズ、第3弾!

    アイスランド北部の町、ソイズアールクロークル近くの建設現場で、撲殺された男性の死体が発見された。
    被害者は建設業者のエリアス・フレイソン。シグルフィヨルズルに住民登録をしていたため、アリ=ソウルが捜査に駆り出される。
    慈善事業にも関わっていたというエリアスだが、自宅からは大金の入ったスポーツバッグが見つかり、同僚からは陰の仕事に手を染めていた可能性を耳打ちされる。
    一方、首都レイキャヴィークのニュース編集室に勤める女性ジャーナリスト、イースルンがこの事件の調査のため北に向かう。エリアスの元妻によれば、被害者は金や女性関係に汚かったらしい。さらに捜査関係者は、エリアスが行っていた不正の先で、ある少女が命の危機に瀕していることをつかむ。
    その頃、アリ=ソウルの同僚であるフリーヌルに、脅迫めいたメールがいくつも届いていた。ある過去を抱えていたフリーヌルは、精神的に追い詰められていく。
    噴火の影響で火山灰雲が垂れ込めるアイスランドの、白夜の二日間――。
    捜査の先に見えたのは、日の沈まない極北の町に隠された暗い記憶の数々だった。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 小学館文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 白夜の警官~BLACKOUT~
  • 白夜の警官~BLACKOUT~

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中