ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 神様がくれたピンクの靴

  • 神様がくれたピンクの靴

電子書籍版

神様がくれたピンクの靴

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    208
  • デジタルコンテンツタイトル名
    神様がくれたピンクの靴
  • ISBN
    978-4-86667-118-5
  • 発売日
    2019年01月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • どうして車椅子のお年寄りが、歩けるようになったのだろうか。
    『日本でいちばん大切にしたい会社』掲載企業・徳武産業の心に染み入るエピソード。

    徳武産業の十河さんが「あゆみシューズ」の開発を決意したのは、
    早くに亡くなったお母さんへの思いからでした。
    奥さんのヒロ子さんと試行錯誤の末に「お年寄りが本当に喜んでくれる靴」の開発に成功。
    お年寄りが届いた靴を寝るときに枕元に置いて「この歳でこんなピンクの靴をはけるなんて。
    神様がくれたピンクの靴…」などのメッセージが寄せられるようになりました。
    お年寄りからのメッセージの数々、お客様にも社員にもとことんやさしい徳武産業の物語です。

    【日本初パーツオーダー】
    徳武産業は、日本で初めて片方だけの販売や、左右サイズ違いの靴の販売を行った会社です。
    お年寄りや障がいのある人の中には、足や体の状態によって片方だけが痛んだり、
    左右の足の大きさが異なる人もいます。
    そうした人々の要望に応えて、業愛の常識を破る片方、左右サイズ違い販売に踏み切ったのです。

    【困っているお年寄りの方の役に立ちたい】
    この靴の製造を始めた当初、十河さんたちは靴に関して、全くの素人でした。
    そんな十河さんたちがなぜケアシューズの製造に踏み切ったのか。
    これからこのお話を始めることにしましょう。


    ■目次

    ●第1章 「とんでもない考え」から生まれたこと

    ●第2章 この靴を枕元に置いて寝ています

    ●第3章 だからみんなキラキラできる

    ●第4章 もっと「ありがとう」をいただきたい

    ●第5章 誰もが幸せな会社をつくるために
    ・原点は家族で始めた手袋の内職
    ・24歳で韓国の工場長に就任し、未知の世界へ
    ・反日運動が激化しても工場は平穏だった
    ・重利さんから徳武産業の継承を打診される
    ・お世話になった方々や取引先への恩返し
    ・6対4のフェアな競争でみなが幸せになれる
    ・特許をとらず、恩恵は全員に
    ・理念と利益の両立を求め
     他

    ●【発刊に寄せて】坂本光司

    ■著者 佐藤和夫
    1952年北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後。出版社勤務。
    経営雑誌編集長、社団法人事務局長などを経て出版社設立。2000社を超える企業取材を通して、
    人間としての経営者と企業経営のあり方を洞察してきた。現在「人をたいせつにする経営学会」常任理事。一般社団法人「豊島いい会社づくり推進会」会長。「日本で一番大切にしたい会社」大賞 審査委員。株式会社あさ出版代表取締役。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー フルカラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 神様がくれたピンクの靴
  • 神様がくれたピンクの靴

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中