ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法

  • 一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法

電子書籍版

一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法
  • ISBN
    978-4-8399-6838-0
  • 発売日
    2019年01月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,431 (税込:1,545

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ”棋譜並べの決定版!
    これが棋譜並べ集の決定版!

    棋譜並べは棋力向上にうってつけの上達法です。
    ・一局の流れを掴むことができる
    ・布石や定石に詳しくなる
    ・プロの正しい手をみることで、筋がよくなる
    ・大局観が身につく

    挙げていったら切りがありません。しかしその反面、なかなかハードルが高いことも事実です。
    「一譜ごとの手が長い」
    「並べても解説のない手の意味が分からない」
    上記のような悩みを持ち、並べている途中で挫折してしまう方も多いのではないでしょうか?

    本書はそんな悩みを解決し、誰でも棋譜並べで上達ができるよう、以下のように工夫しています。
    「一譜ごとに五手」
    「一手ずつ、全ての手に解説をつけている」

    著者は修行時代、9割の時間を棋譜並べに割いていたという大橋成哉七段。
    解説も丁寧で明快です。

    本書で碁の感覚を身につけ、効率よく上達をしてください。


    ◎著者
    大橋成哉(おおはし・なるや)
    平成2年生まれ。大阪府出身。
    平成17年入段、27年七段。
    平成22年:第37期天元戦本戦出場
    平成29年:第43 期天元戦本戦準々決勝進出
    著書に『サクサク解ける! 詰碁と手筋の基礎トレーニング400』 (マイナビ出版)がある。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 囲碁人ブックス
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法
  • 一手ずつ解説! 碁の感覚がわかる棋譜並べ上達法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中