ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

  • 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

電子書籍版

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2019年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    272
  • デジタルコンテンツタイトル名
    天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
  • ISBN
    978-4-532-32253-3
  • 発売日
    2019年01月16日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,500 (税込:1,650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
    公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
    「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
    物語となって書籍化!

    ◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

    ◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
    さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

    ◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

    ◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
  • 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中