ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

電子書籍版

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
  • ISBN
    978-4-10-352161-7
  • 発売日
    2018年12月26日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    「あんたもワテが産んだ傑作やでねぇ、なんも心配しとらんよ」。かつて僕が白血病になった時、母はこう笑い飛ばした。今度は僕が母を救う、そう決めたはずだったのに。死が近づく闘病の日々と、母を失った日常で僕が知った、最愛の存在がいない世界とその死の本当の意味。死後1年、母から届いたスペシャルな贈り物とは。特別編も収録!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中