ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 運命の泉 中 (前編)

  • 運命の泉 中 (前編)

電子書籍版

運命の泉 中 (前編)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    運命の泉
  • 発売日
    2018年12月22日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示す。主人公は導きを信じて、村を訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?
    運命の泉 中  (前編)
     徴兵されて任務地に赴く途中の都市で、主人公は記憶が戻っていないため仕方がないことだが驚きの人と再会する。そして、宿舎を案内されて過ごすことになり数日が過ぎるのだ。その都市は村と違った華やかな都市で様々なことで驚くが主人公だけではなく徴兵された者たちも人生で忘れらない思い出を作るのだ。だが、一時だけのことで、運命の相手と結ばれるための初めての時の流れの修正の指示を感じて、皆で任務地に赴くのだ。その途中で様々な時の流れの運命の修正をするのだが、成功するだろうか?・・・・すでに、都市の前では敵の陣形が整え終わり・・・
    その後のことだった・・・風の噂である都市が王政を廃止して民主国家になったと・・・・だが、その噂と同時のことだった。都市名も国名も分からないが十万以上の軍勢が集結すると、ある都市に進軍するのだった。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 運命の泉 中 (前編)
  • 運命の泉 中 (前編)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中