ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奇談屋の本 其の四

  • 奇談屋の本 其の四

電子書籍版

奇談屋の本 其の四

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    奇談屋の本
  • 発売日
    2018年12月22日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

275 (税込:302

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • つれづれなるままに、日暮し、パソコンに向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
     奇談屋書店の店主、竹島八百富と申します。
     私は存在致しません。そして、私は一人でもありませんが、小説などを書いて日々のんびり過ごしております。
     この度は、本書『奇談屋の本』〈其の四〉をご購入いただきまして誠にありがとうございます。
     これも何かのご縁でございましょう。お会いできたことを嬉しく思います。
    お読み頂いた方が、読了直後に、「な~んかモヤモヤするなぁ」「えっ? ここで終わるの?」などと、物語のその後を思い馳せるようなものを、普段から好んで書いております。
     今回も五つの作品を用意致しました。是非とも、読了後モヤモヤして頂けたら幸いです。

     第壱話『削除される行』
      提出した事故処理の報告書には大幅に削除される行がある。

     第弐話『蛇足』
      超能力はあればいいってもんじゃない!

     第参話『叛乱の日』
      今日こそ人間の支配下から解放されるのだ!

     第四話『Yの悲劇』
      月刊群雛2015年11月号で掲載された黒歴史(-_-
    )
      その後の報告もどうぞ

     第伍話『経済学者より女のわがまま』
      指輪が欲しい! そんなわがままが日本を救う?

     コーヒー、紅茶、またはお酒でも飲みながら、リラックスしてお読み下さい。
     では、お楽しみ下さい。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 奇談屋の本 其の四
  • 奇談屋の本 其の四

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中