ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 球児に響く言葉力

  • 球児に響く言葉力

電子書籍版

球児に響く言葉力

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    256
  • デジタルコンテンツタイトル名
    球児に響く言葉力
  • ISBN
    978-4-8019-1546-6
  • 発売日
    2018年12月21日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 内容紹介

    侍ジャパンU-18監督、
    拓大紅陵野球部監督、
    日大三野球部監督を
    歴任してきた名将が語る、
    「心」と「言葉」の重要性!

    技で人は動かず、
    心が人を動かす!

    小手先の技術だけ教えて、
    甲子園に出ようが意味はない。
    心からの行動と言葉で、
    社会で通用する大人へ導く、
    名将の人間育成論!

    著者は、以下のように述べています。

    高校野球の目的とは何か。
    これは指導者にとっては、永遠の課題なのかもしれません。
    しかし、もし私がそう問われたなら、「高校野球は、人間形成の場である」と言い切ることができます。私はよく「技で人は動かず、心が人を動かす」という言葉を使うのですが、監督と選手の心と心をいかに通わせるかが、高校野球の指導においては最も重要だと考えています。これは野球に限らず、すべての指導にも当てはまることだと思います――本文より


    著者について

    小枝守(こえだ・まもる)
    1951年7月29日、東京都生まれ。日大三で主将を務めたのち日大に進学。大学2年の時に学生コーチとして日大三を支え、76年8月に25歳で監督に就任。79年夏の甲子園出場へと導いた。81年8月に30歳で拓大紅陵の監督に就任し、92年夏に準優勝を果たす。両校を通じて春夏通算10度の甲子園出場。2014年の夏で拓大紅陵の監督を勇退した。2016年、17年は侍ジャパンU-18監督として日本代表を率い、アジア選手権優勝、ワールドカップ3位の成績を残した。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 球児に響く言葉力
  • 球児に響く言葉力

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中