ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 20年目の松坂世代

  • 20年目の松坂世代

電子書籍版

20年目の松坂世代

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    320
  • デジタルコンテンツタイトル名
    20年目の松坂世代
  • ISBN
    978-4-8019-1571-8
  • 発売日
    2018年12月14日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,850 (税込:1,998

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【商品内容】

    <ライバル心、憧れ、悔しさ、感謝――PLのエースに10人が告白>

    ・松坂大輔(中日ドラゴンズ投手)
    「松坂世代という言葉が通用するよう俺は頑張らなきゃいけない」

    ・和田毅(福岡ソフトバンクホークス投手)
    「大輔はライバルではなく憧れの人」

    ・藤川球児(阪神タイガース投手)
    「世代全員分の思いを背負うのが大輔の使命」

    ・館山昌平(東京ヤクルトスワローズ投手)
    「いつかプロでもマツと投げ合いたい」

    ・杉内俊哉(読売ジャイアンツファーム投手コーチ)
    「1度でいいから松坂に勝ちたかった」

    ・村田修一(読売ジャイアンツファーム打撃コーチ)
    「大輔を見て投手を辞めることを決意した」

    ・新垣渚(福岡ソフトバンクホークス元投手)
    「大輔と松坂世代が絶望の淵から救ってくれた」

    ・小谷野栄一(東北楽天ゴールデンイーグルス一軍打撃コーチ)
    「マツからせめて1本ヒットを打ちたかった」

    ・東出輝裕(広島東洋カープ一軍打撃コーチ)
    「大輔が大輔であるために走り続けるのが世代のトップの義務」

    ・平石洋介(東北楽天ゴールデンイーグルス一軍監督)
    「俺らの大輔はこんなもんじゃないんだというのを見せてほしい」

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 20年目の松坂世代
  • 20年目の松坂世代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中