ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヤマケイ文庫 完本 山靴の音

  • ヤマケイ文庫 完本 山靴の音

電子書籍版

ヤマケイ文庫 完本 山靴の音

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    456
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ヤマケイ文庫 完本 山靴の音
  • ISBN
    978-4-635-04858-3
  • 発売日
    2018年11月23日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

741 (税込:800

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    新田次郎の小説『栄光の岩壁』のモデルとなったクライマー、芳野満彦。
    高校時代に厳冬期の八ヶ岳で遭難し、友人と両足指を失った彼は再び山をめざした。

    厳しいクライミングに情熱を傾け、国内の数々の岩壁で初登攀を成し遂げたのち、ついには日本人として初めてマッターホルン北壁を登攀するという快挙を成し遂げる。

    その登攀記録や散文、詩、絵画などをまとめた『山靴の音』には、遭難の悲しみやハンディキャップを乗り越え、未踏の岩壁に挑み続けた青年の情熱と、のびやかな山への愛情が描かれている。

    1959年の刊行後、1981年の文庫版「新編山靴の音」再編を経て半世紀にわたって登山者に読まれてきた。

    初版の朋文堂版と二見書房版、中公文庫版の全作品を、ヤマケイ文庫に収録した完全版。

    凍傷で足指すべてを失いながらも、日本人として初めてマッターホルン北壁登攀に成功した伝説的クライマー、芳野満彦がみずみずしい感性で綴った、山の青春譜。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ヤマケイ文庫
カラー フルカラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ヤマケイ文庫 完本 山靴の音
  • ヤマケイ文庫 完本 山靴の音

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中