ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。

  • 【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。

電子書籍版

【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。
  • 発売日
    2018年10月26日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

0 (税込:0

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大ボリュームアップ!【期間限定 無料試し読み増量版!】

    そこは、かわいい殺し屋たちが集う喫茶店。

    夜の廃劇場。
    最近越してきたばかりの街を探索しようとしていた池也迅太は、そこにいた。
    そして、目の前でなにやら不穏に倒れている男をみて、そこで記憶はブラックアウト。
    目が覚めると、何やらかわいい女の子たちが話しているのが聞こえてきた。

    「やっぱり殺すしかないと思うの」
    「でも、遺体の処理だってお金がかかりますし……」

    あきらかに危険な会話。漂っているコーヒーの香りが不釣り合いだ。
    迅太はなんとか命乞いをしようと手を尽くし、処理代を稼ぐ代わりに働かせてくれと頼んだ結果、晴れて殺し屋たちが営む喫茶店のウェイターになってしまう。

    店を訪れる明らかに怪しい客たち。
    これまでの常識の通じない少女たち。

    それでも、これまでとはガラリと代わってしまった環境に、迅太は次第に馴染んでいく。そして、命の猶予は刻一刻と――。

    だが、その殺し屋稼業の正体は……?
    クセだらけの少女たちと、ただの普通の少年が、不思議な喫茶店で社会の闇に触れるとき物語は少しおかしな方向に動き出す。
    殺し屋喫茶・エピタフ開店ですっ!

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ガガガ文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。
  • 【期間限定お試し読み増量版】前略、殺し屋カフェで働くことになりました。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中