ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 深海大戦 Abyssal Wars 超深海編 (角川ebook)

  • 深海大戦 Abyssal Wars 超深海編 (角川ebook)

電子書籍版

深海大戦 Abyssal Wars 超深海編 (角川ebook)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    深海大戦
  • 発売日
    2018年10月05日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 樋口真嗣監督、谷口悟朗監督、弐瓶勉氏、Ark Performance氏、大暮維人氏ら、多くのクリエイターを魅了した海洋SF大作、ついに完結!!

    <あらすじ>
     幽霊潜水艦を巡る攻防の後、独立に揺れる沖縄州で、宗像逍は亡友・磯良幸彦と縁のある人権擁護団体「シギラ」メンバーの風子を訪ねる。しかし前園隆司と名乗る男が率いる謎の武装集団に、彼女はさらわれてしまう。前園は、宗像が属するシー・ノマッド(海洋漂泊民)集団「オボツカグラ」上層部のブレーン的存在であった。
     本当に前園は味方なのか? 疑心を抱きつつも、那覇で敵対するシー・ノマッド集団「ティアマット」の刺客に襲われた宗像は、前園を頼りグアムへ脱出する。そこでも執拗に命を狙われるが、安曇レイラの助力も得て危機を逃れた宗像は、<タンガロア>が造られた真の目的を前園から聞かされる。それは、アレソップの向こう側=カチャウ・ペイディの真実だけでなく、宗像がこの世に生まれた意義をも問うものだった。
     世界最深部に潜り、この宇宙の境界をも越えようとする宗像――その行動を阻止すべく、ティアマットがハワイ島沖に立ちふさがる。そして宗像を支えるオボツカグラは、宿敵との決戦に挑む。
     二つの世界が迎えるのは支配か、融合か。人類は、深い海の底で未来に直面する!!

    ※本書は2017年3月2日に配信を開始した単行本「深海大戦 Abyssal Wars 超深海編」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 角川ebook
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 深海大戦 Abyssal Wars 超深海編 (角川ebook)
  • 深海大戦 Abyssal Wars 超深海編 (角川ebook)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中