ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ツレ元気 からだにいいゴハン計画

  • ツレ元気 からだにいいゴハン計画

電子書籍版

ツレ元気 からだにいいゴハン計画

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2016年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    136
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ツレ元気 からだにいいゴハン計画
  • ISBN
    978-4-533-11478-6
  • 発売日
    2018年08月23日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

889 (税込:960

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    日々のごはんで身体は変わる!?
    『ツレがうつになりまして』の著者一家が描いた、初めての「食」に関わる本。
    1冊読み終われば、日々の「食べること」の大切さが、やさしく伝わります。

    沖縄には古くから「ぬちぐすい(命薬)」という言葉があります。
    私たちの身体は私たちが食べたものからできている、という考え方です。
    栄養バランスのいい食事は、健康な身体と心をつくる大切な要素。
    夫の「うつ」闘病生活を描いてきた著者だからこそ描ける、「食べること」の大切さ、身体を作る食の重要性を、沖縄の「ぬちぐすい」の考え方を通して伝えます。

    【はじめに】
    ・ツレの食べることの話
    ・てんてんの食べることの話
    (コラム)ツレのつぶやき 僕と食べ物
    【第1章】「ぬちぐすい」ってなんだ?
    ・「ぬちぐすい」って何?
    ・南城市へ
    ・ハーブ工房「花ふう」さんでの体験
    (コラム)ツレのつぶやき 聖地をめぐって
    【第2章】南城市の聖地を訪ねる
    ・斎場御嶽
    ・垣花樋川
    ・玉城城跡
    (コラム)ツレのつぶやき はじめての沖縄
    【第3章】琉球王国の中心地・首里へ
    ・首里城へ
    ・八重山料理・譚亭で八重山料理を食べる
    ・市場で沖縄の食材をおさらい
    【第4章】その後のてんてん一家の変化
    ・帰ってきてから
    【オマケページ】
    ・沖縄でびっくりしたこと
    ・おみやげで買ってきたもの
    ・今回訪れた場所
    ・おわりに
    ※この電子書籍は2016年11月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ツレ元気 からだにいいゴハン計画
  • ツレ元気 からだにいいゴハン計画

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中