ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?

  • 柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?

電子書籍版

柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?
  • 発売日
    2018年08月23日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

780 (税込:842

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 時代劇ではいつも、「将軍・綱吉に取り入り、善良な人々を苦しめる悪徳大名」とされてきた側用人・柳沢吉保。

    しかし彼は本当に悪い政治家だったのか? 本書はこの疑問を検証する。


    それと同時に、5代将軍・徳川綱吉や当時の元禄時代についても再検証する。

    教科書では、愚かな将軍・綱吉は犬に異常に執着して「生類憐れみの令」をつくり、民衆を苦しめたという。

    これも果たして本当のことだったのだろうか。


    綱吉の元禄時代とはまさに「経済の転換期」であった。
    武士は軍人から官僚への変身を求められ、さまざまな権力の争いが行なわれていた。

    その構造を理解することで、「なぜ柳沢吉保の悪名はでっち上げられたのか」が見えてくる。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?
  • 柳沢吉保 なぜ奸臣にでっちあげられた?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中