ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA

  • 現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA

電子書籍版

現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2013年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    216
  • デジタルコンテンツタイトル名
    現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA
  • ISBN
    978-4-473-03891-3
  • 発売日
    2018年08月23日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

960 (税込:1,037

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近代の名著として名高い『茶の本』は、明治39年(1906)に岡倉天心(1863~1913)が英語で書きアメリカで出版した書物です。そのタイトルや、再編集された利休の逸話・切腹話が多いことから、「茶道」について説きおこした本とも思われがちですが、実は、ハラキリで欧米に認知されていた当時の日本人を、日本の文化を擁護するために、欧米でも飲まれている「茶(紅茶)」を引き合いに出し、理解を求める意向で執筆されたものでした。七章からなる本文は短いものですが、どう解釈するかは訳者に負うところが大きい書でもあります。今回は、茶の道学実を兼ね備えた筆者が原文に挑んだ、茶の湯関係者待望の一冊です。

    今回の新訳では、「茶道Teaism」と「茶の湯 tea ceremony」を明確に訳し分け、「道家思想Taoism」「禅道Zennism」と対置させるとともに、「茶道は、道教の仮の姿であった」と書いた天心の深意にせまっています。
    また、英文のパラグラフごとに小見出しをつけているのも、訳者の工夫です。

    60ページにおよぶ解説と、岡倉天心略年譜付き。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA
  • 現代語でさらりと読む茶の古典 岡倉天心 茶の本 THE BOOK OF TEA

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中