ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

  • Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

電子書籍版

Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    608
  • デジタルコンテンツタイトル名
    Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則
  • ISBN
    978-4-7981-4240-1
  • 発売日
    2018年07月19日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

5,200 (税込:5,720

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

    データベースセキュリティ対策の原則とベストプラクティスがここにある!

    米Oracleのセキュリティ専門家が執筆した、RDBMSセキュリティの解説書『Oracle Database 12c Security』の日本語版です。本書では、Oracleデータベースを中心とした、RDBMSの包括的なセキュリティ対策について詳しく解説しています。

    Oracleデータベースのセキュリティ機能をはじめ、
    ・ユーザセキュリティの要点
    ・コネクションプールとLDAPディレクトリを利用したデータベースユーザ管理
    ・中央集約した権限管理
    ・任意アクセス制御や行レベルセキュリティ
    ・データリダクションを使った機密データ管理
    ・Database Vaultを使ったDBの職務分掌
    ・データ-通信の暗号化、監査の方法
    など、業務システムのRDBMSを構築・運用する際に不可欠なセキュリティの知識とテクニックを学習できます。

    監修は小田圭二氏、翻訳は経験豊富なOracleデータベースコンサルタントが担当。Oracle DBエンジニアだけでなく、RDBMSのデータベースセキュリティについて学びたいDBエンジニア-プログラマなど、業務システムのデータベース開発に携わるエンジニアにおすすめの一冊です。

    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則
  • Oracleデータベースセキュリティ セキュアなデータベース構築・運用の原則

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中