ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イリーガル(9)

  • イリーガル(9)

電子書籍版

イリーガル(9)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2001年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    216
  • デジタルコンテンツタイトル名
    イリーガル
  • ISBN
    978-4-09-185179-6
  • 発売日
    2018年07月13日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ▼第1話-愛しのビルダック(前編)▼第2話-愛しのビルダック(後編)▼第3話-地を這う殺意(前編)▼第4話-地を這う殺意(後編)▼第5話-会社は俺のもの(前編)▼第6話-会社は俺のもの(後編)▼第7話-沈黙の森(前編)▼第8話-沈黙の森(後編)●登場人物-津田英次(東西電気総務部用度係長。実は会社に振りかかるトラブルを極秘裏に処理する特殊社員“イリーガル”)、星野凛子(東西電気開発課長補佐。電子工学に長けた優秀なハッカーでもある)、芹沢(東西電気相談役。英次の過去や“イリーガル”としての働きを知る数少ない人物)、長谷部澄雄(東西電気社長。英次の義理の弟でもある)、俵田純市(東西電気が誇る天才的科学者)●あらすじ-白昼の喫茶店で、男性が突然死した。被害者の首筋からは、青酸化合物を塗った小さな針が発見され、極めて小型の“毒針発射ロボット”の存在が浮かび上がる。「ロボットを使った殺人なんて、エンジニアとして見過ごせない」という同僚のため、英次は調査を開始する…(第3話)。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックス
掲載誌 ビッグコミック
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • イリーガル(9)
  • イリーガル(9)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中