ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

  • 誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

電子書籍版

誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    272
  • デジタルコンテンツタイトル名
    誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書
  • ISBN
    978-4-492-22382-6
  • 発売日
    2018年07月06日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 定年後は田舎でのんびり暮らしたい、
    自然も人情も豊かな田舎で子育てしたい、
    農業をしながらスローライフを味わいたい…。

    いま、地方移住がブームです。
    中高年だけでなく、若者も、
    田舎暮らしに憬れて、地方に移住する人が増えています。

    新しい趣味を広げるには、田舎暮らしは最適です。
    自然と生活空間との調和は豊かな心象風景をもたらしてくれます。

    でも、田舎暮らしブームの陰で、語られていない現実があります。

    「移住すれども定住せず」

    地方に移住する人が増えている一方で、
    定住することなく都会に戻ってくる人が増えているのです。

    田舎の人情は、思っている以上にストレスになります。
    田舎の生活は、思っている以上にお金がかかります。

    住めば都──。日本ではそんな言われ方がありますが、
    都会の人にとっては、住めば地獄、であることさえ少なくありません。

    田舎暮らしブームにのって、
    まずは飛び込んでから考えよう、なんとかなるさ、
    ではあまりにリスクが大きすぎます。

    最悪の状況を想定することに勝る成功への王道はありません。

    地域選び、物件探し、お金、人間関係…、
    これまで誰も教えてくれなかった田舎の掟を乗り越えて、
    自分だけの気兼ねのない理想の暮らしを手にする方法をお教えします。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書
  • 誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中