ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

  • ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

電子書籍版

ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで
  • ISBN
    978-4-04-703642-0
  • 発売日
    2018年06月22日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ノーベル文学賞受賞から、ベストセラーはカズオ・イシグロ一色に。しかし、受賞作のうち何作読んだことがあるだろう? 古今東西の受賞作を読み直し、多様な作品たちの「面白さ」を作る仕掛けに迫る!

    〈目次〉
    はじめに
    ノーベル文学賞を読むということ

    一九八〇年代
    一 章 めくるめく勘違い小説『眩暈』            エリアス・カネッティ
    二 章 ラテンアメリカと魔術的リアリズム         ガブリエル・ガルシア=マルケス
    三 章 アラビア語圏のリアリズム              ナギーブ・マフフーズ
     
    一九九〇年代
    四 章 「黒人」「女性」作家                 ト二・モリスン
    五 章 「情けないオレ語り」と日本文学         大江健三郎

    二〇〇〇年代
    六 章 中国語としての表現の追求            高行健
    七 章 ワールドワイドで胡散臭い語り      V・S・ナイポール
    八 章 「他者」と暴力の寓話              J・M・クッツェー
    九 章 非非西洋としてのトルコ           オルハン・パムク
    十 章 共産主義体制下の静かな絶叫         ヘルタ・ミュラー

    二〇一〇年代
    十一章 ペルー、あるいは梁山泊      マリオ・バルガス=リョサ
    十二章 中国版「魔術的リアリズム」            莫言
    十三章 信頼できない語り手             カズオ・イシグロ

    終わりに
    主要参考文献
    受賞者の出身国
    索引

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで
  • ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中