ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE

  • 36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE

電子書籍版

36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    176
  • デジタルコンテンツタイトル名
    36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE
  • ISBN
    978-4-408-33801-9
  • 発売日
    2018年06月15日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,440 (税込:1,555

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    いまや「攻撃的サッカー」という表現も古さを感じさせる世界基準の中で、日本サッカーはどこにいるのか。本書の中では「攻撃的サッカー」を「効率的サッカー」と論じつつ、それを語る核を、「プレッシング」「サイドアタック」「ボール支配率」の3要素としている。「プレッシング」はボールロストとボールゲインの位置データを、「サイドアタック」はクロスボールを上げた位置・得点につながったゴールの割合を示し、より客観的な数値として検証。このふたつの要素が機能すれば、ボール支配率は上昇する。歴代日本代表・ジーコ、オシム、岡田、ザック、アギーレ、ハリルの6ジャパンの厳選54試合と、2017J1リーグ306試合のビッグデータを分析して導き出されたデータは、日本サッカーを勝利に導くか。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできません。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー フルカラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE
  • 36.4%のゴールはサイドから生まれる SOCCER GAME EVIDENCE

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中