ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 叶精作 作品集1(分冊版 2/3)Seisaku Kano Artworks & illustrations Selection「Japanese・Kawaii」

  • 叶精作 作品集1(分冊版 2/3)Seisaku Kano Artworks & illustrations Selection「Japanese・Kawaii」

電子書籍版

叶精作 作品集1(分冊版 2/3)Seisaku Kano Artworks & illustrations Selection「Japanese・Kawaii」

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    叶精作 作品集1分冊版
  • 発売日
    2018年06月07日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

200 (税込:216

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    【Japanese Beauty】
    和のテイストで構成。

    【Kawaii】
    叶精作の絵の魅力はSEXYな大人の女性ばかりではない。コケテッシュで小悪魔的魅力を持つ少女を中心に構成。

    かつて『GORO』という雑誌があったことをご存知だろうか?1974年に創刊し、1992年の最終号まで女性グラビアから漫画、新車情報、その時々の若者の流行や風俗を取り上げ絶大な人気を誇っていた。篠山紀信の「激写」シリーズも「GORO」だ。その中に異色を放つ漫画が連載されていた。それが「実験人形ダミー・オスカー」。小池一夫原作、叶精作作画によるハードボイルド・セクシーコミックだ。小池一夫のストーリー展開はもちろん読者を引き込んで止まないのであるが、同様に読者を魅了したのは叶精作の描く絵であったといえる。劇画と呼ばれる分野の中でも特に精密な絵を描く叶の手によって、登場人物は活き活きとまるで吐く息すら感じられるような色気を放っていた。特に男性読者は、描かれた女性の艶っぽさに夢中にさせられたのではないだろうか。

    その後も様々な連載作品等を世に送り出す中、いち早くIllusutratorやPhotoshopといったソフトを取り入れ、進化してきた叶精作。そのイラストを、制作の手法を紹介するメイキングも交えながらカテゴリー別に収録。叶氏のテクニックの一端を垣間見ることができるHow to本としても楽しめる内容になっている。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 株式会社オーウィン
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 叶精作 作品集1(分冊版 2/3)Seisaku Kano Artworks & illustrations Selection「Japanese・Kawaii」
  • 叶精作 作品集1(分冊版 2/3)Seisaku Kano Artworks & illustrations Selection「Japanese・Kawaii」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中