ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 写楽 謎多き天才絵師

  • 写楽 謎多き天才絵師

電子書籍版

写楽 謎多き天才絵師

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    写楽 謎多き天才絵師
  • 発売日
    2018年06月07日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

600 (税込:648

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人気の作品50点を厳選!
    さらに、詳しい解説付き!!

    浮世絵史上随一の奇才がおくる名作の数々が、
    あなたを江戸歌舞伎の世界へと誘う!!

    突如として浮世絵界に現れ、
    約10ヶ月という短い期間で再び忽然と姿を消した写楽。
    20世紀初頭に、
    ドイツ人のユリウス・クルトによる伝記『写楽』では、
    世界三大肖像画家の1人として紹介された。

    写楽と言えば、役者絵が有名で、
    人気役者だけでなく他の絵師が描くことがない
    中堅や端役も題材とした。
    役者絵の他にも
    肉筆扇面画や相撲絵、追善絵(ついぜんえ)
    なども手がけた。

    その作風は、役者の内面をのぞきこみ、
    人間性をえぐり出すのを特徴としている。
    表情やポーズを大胆に描いた個性的な作品の数々は、
    それまでの江戸浮世絵の伝統を打ち壊した。

    そして、もう一つ言及しておくべきは、
    写楽が登場した年の前後で、
    役者絵の制作枚数が3倍以上も伸びたということである。
    浮世絵界を変えるほどの影響力を写楽は与えたのだ。


    本書では、写楽による140点以上の浮世絵の中から
    特に人気の高い作品を50点を選びだした。
    さらに、詳しい解説(写楽について、作風、時代背景など)
    をつけることでより深く理解していただけるよう工夫をした。

    こんなにも私たちの心を惹きつけるはなぜであろうか。
    こんなにも強烈な印象を与えるのはなぜであろうか。

    写楽は、国をこえ、時代をこえ愛されている。

    【目次】

    まえがき
    ◆謎の天才浮世絵師・写楽
    ◆作風
    ◆時代背景
    ◆作品
    (1)大首役者絵
    (2)役者全身像
    (3)相撲絵、追善絵、その他

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 写楽 謎多き天才絵師
  • 写楽 謎多き天才絵師

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中