ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鯨の王

  • 鯨の王

電子書籍版

鯨の王

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2009年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    672
  • デジタルコンテンツタイトル名
    鯨の王
  • ISBN
    978-4-16-777321-2
  • 発売日
    2018年05月31日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

926 (税込:1,000

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 圧倒的リアリティで描かれる深海の激闘!
    メルヴィル『白鯨』へのオマージュ的SF海洋冒険小説

    マリアナ諸島海域の深海で米海軍の攻撃型原潜が襲われた。
    原潜自体に傷はないのに、中の乗組員が半数以上死亡。
    米海軍は海底基地に調査員を派遣する。

    日本では、アル中の鯨類学者・須藤は未知の巨大クジラの骨を発見するが、採集した骨は何者かによって盗まれ、採集場所の深海は荒らされてしまう。
    失意の須藤に、米バイオ企業からグアムでの研究援助の手が差し伸べられた。
    グアムに飛んだ須藤は、深海調査船のパイロット・秋道炎香と性格的に反発しあいながらも力をあわせ、クジラを追う。

    米海軍は事件には未知のクジラがかかわっていることを突き止め、そのクジラの能力を研究するために、米兵器メーカーが中心となってヨーロッパ、カナダの石油会社、鉄鋼メーカーなどと組んで建設した西マリアナ海領の海底熱床探査基地で調査を始める。
    さらには、クジラから取れる高価な龍涎香を狙う中東のテロ組織が須藤たちに近づく。

    欲にまみれ、思惑が入り乱れる人間たちに、クジラの群れが反撃に出た。
    深海の巨大生物ダイマッコウ対人間のかつてない死闘が繰り広げられる!

    解説・加藤秀弘

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 文春文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 鯨の王
  • 鯨の王

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中