ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析

  • 続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析

電子書籍版

続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    448
  • デジタルコンテンツタイトル名
    続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析
  • ISBN
    978-4-492-31506-4
  • 発売日
    2018年05月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

3,400 (税込:3,672

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • NHKの好評番組「欲望の資本主義」で話題となった、チェコの経済学者、トーマス・セドラチェク氏の書籍第2弾!
    前著「善と悪の経済学」は、朝日新聞、日経新聞でも大きく紹介され話題に!

    今回の著作では、フロイトやユングの心理分析を活用して、経済の精神的病と、その「心の処方箋」を明らかにする。

    現代の経済システムに、精神病質と診断されるような問題はあるのか?
    あるとすれば、それはどんなものなのか?
    経済学は社会の病をどの程度明らかにできるのか?
    経済学が役に立つ病はあるのか? あるいは逆に害になる病とはなにか?

    二人の偉大な学者、フロイトとユングはともに、神話を重視していた。
    多様な彩りのある、矛盾に満ちた神話のなかに、資本主義のあるべき姿を求め、
    私たちを豊かにしてくれる資本主義の未来を探る。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析
  • 続・善と悪の経済学 資本主義の精神分析

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中