ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -

  • 大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -

電子書籍版

ポイント倍率

大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    184
  • デジタルコンテンツタイトル名
    大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -
  • ISBN
    978-4-8470-9664-8
  • 発売日
    2018年05月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 42歳で、「子どもがほしい」と踏み込んだ不妊治療の世界。男性不妊、流産、不育症――。起こった全てを「〇」に変えるための、心の処方箋。
    不妊治療を経て、44歳、46歳で出産した、女優・加藤貴子が伝えたい、妊活クライシスにならないための「小さな習慣」。

    「妊活は、出産することが着地ですが、子どもを授からなくても、夫婦関係は続いていきます。だから、妊活をした時間が、夫婦の絆を強める「何か」であってもらいたい。
    何が起こっても夫婦で納得して結果が出せるように、関係を再構築することが妊活の試練であり、“脱・妊活クライシス”なんだと思います」 ――本文より抜粋

    《焦りをひと呼吸に変える、弱った心に効く「小さな習慣」》
    ●“妊活”だって“育み”期間。「妊娠20ヶ月」だと思えばいい。
    ●「泣き言」はちゃんと言う。言い切ったら、一転、自分をほめる。それが一番早い復活法。
    ●病院に通うだけで、たいしたもの! それだけで十分。勇気をもって“何もしない”。
    ●明るい未来の想像に助けられることもある。つらいときこそ、躊躇せずに。
    ●心がこわれる前に、一度「ま、いっか」と投げる。がんばりすぎると、見返りを求めてしまうから。
    ●時計の数字のゾロ目、いれたてのコーヒーの香り。小さな幸せをちゃんと味わう。
    ●グルグル思考になったら、不安を書き出し整理する。「自分で対処できること」「天にゆだねること」
    ●「私ばっかり」をぶつけるより、感謝をつたえ始めて、また歯車が廻り出した。   …and more!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -
  • 大人の授かりBOOK - 焦りをひと呼吸に変える、がんばりすぎないコツ -

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中