ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く

  • 「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く

電子書籍版

「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く
  • ISBN
    978-4-344-03299-6
  • 発売日
    2018年05月23日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,520 (税込:1,672

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 捏造・虚報をせずにいられない、
    朝日新聞の病理を暴く。

    「現在の国難は150年前のそれより深刻である。
    ここに本書が出版される歴史的な意味がある」
    ――櫻井よしこ氏推薦!

    朝日新聞の報道姿勢には自己愛性パーソナリティ障害に共通するものがありグロテスク――と精神科医・春日武彦氏。過去の戦争責任を否認し自分たちこそ正義だと思い込む病理の症状が、誤報・捏造などの症状として表れている――と精神分析家・岸田秀氏。終戦直後、朝日新聞は、日本人に自虐思考を刷りこんだGHQの影響を強く受け、その後は自らが率先して日本人を洗脳しつづけた。捏造・虚報を続ける報道姿勢、ゆがんだ護憲主義は、なぜ、どのようにして生まれたのか? 精神医学、精神分析、心理学の観点からその病理にメスを入れ、国民が自虐の呪縛から解放されるための処方箋を提示する画期的論考。

    [目次]
    序章 護憲派イスラム論
    第1章 精神科医が診る朝日新聞
    第2章 GHQによるマインド・コントロール
    第3章 GHQ極秘計画と〈推定有罪〉
    第4章 日本人によるマインド・コントロール
    第5章 左派エセ平和勢力の没落
    第6章 戦後を精神分析する
    第7章 変わる風向きと脱洗脳
    終章 新しい地平線

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 幻冬舎単行本
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く
  • 「反日」という病 GHQ・メディアによる日本人洗脳(マインド・コントロール)を解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中