ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 薬屋のひとりごと 4

  • 薬屋のひとりごと 4

電子書籍版

薬屋のひとりごと 4

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年10月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    392
  • デジタルコンテンツタイトル名
    薬屋のひとりごと
  • ISBN
    978-4-07-403100-9
  • 発売日
    2018年04月27日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

620 (税込:670

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。
    後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。
    そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。
    猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。
    その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。
    一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。
    ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、
    猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。
    後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。
    宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ヒーロー文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 薬屋のひとりごと 4
  • 薬屋のひとりごと 4

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中