ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか

  • お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか

電子書籍版

お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年05月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか
  • ISBN
    978-4-86667-056-0
  • 発売日
    2018年04月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 投資では、

    1「誰」にお金を投資するか(投資先)、
    2「何」にお金を投資するか(投資商品)、

    この2点が非常に重要です。

    このとき、参考になるのが
    お金を増やす人、すなわち「本物のお金持ち」の投資スタンスです。

    「本物のお金持ち」は仮想通貨には投資をしません。

    彼らには「収益性」よりも大切にしている、
    ある「基準」があります。

    それゆえ、「本物のお金持ち」は、お金を増やし続けることができるのです。

    本書では、
    不動産投資、株式投資、投資信託、仮想通貨、FX、仮想通貨、そして、太陽光発電投資といった、
    さまざまな投資商品を比較しながら、

    ●「お金を増やす人は、何を基準に投資先を選んでいるのか」
    ●「お金を増やす人は、どのようなスタンスで投資を行っているのか」
    ●「どうすれば、資産を守ることができるのか」

    それぞれのポイントを紹介していきます。


    「取引先選定の基準としてとても参考になった」

    カリスマ経営者として知られる、
    株式会社武蔵野の小山昇社長も納得する1冊です。



    ■目次

    ・PART.1 お金を増やす人は「誰に」投資をするのか(投資先)

    ・第1章 お金持ちが「収益」よりも大切にしていること

    ・第2章 信頼できる投資先にしか、お金を預けてはいけない

    ・PART.2 お金を増やす人は「何に」投資をするのか(投資案件)

    ・第3章 「安全な投資」を見極める

    ・第4章 収益よりも大切なのは、「投資モデル」の安全性

    ・第5章 リスクに備え、安心してお金を運用する


    ■著者 丸林信宏(まるばやし・のぶひろ)
    株式会社アースコム代表取締役社長
    1977年、福岡県朝倉市生まれ。専門学校卒業後、完全フルコミッション型の住宅機材の営業を経て、2008年に株式会社アースコムを設立。再生可能エネルギー分野で画期的なビジネスモデルを構築する。
    アースコムは、売上41億円、6期連続増収増益。産業用太陽光発電の会社としては全国トップレベルで、本社がある埼玉県に所在する全業種の中で売上高第2位。また、県の産業労働部より「経営革新計画承認企業」「多様な働き方実践企業」と認定され「超優良企業」として、Yahoo! ニュースをはじめ、さまざまなメディアに取り上げられている。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか
  • お金を増やす人は投資をするとき、どこを見ているのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中