ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方

  • マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方

電子書籍版

マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    168
  • デジタルコンテンツタイトル名
    マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方
  • ISBN
    978-4-7993-2254-3
  • 発売日
    2018年04月12日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,040 (税込:1,123

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社員でも親でも妻でもない“自分”になれる時間ありますか?

    日本より10年早く少子高齢化が進み、共働き家庭が8割を超えるフィンランド。多くの親が忙しい毎日を送っています。そんななかで「世界幸福度ランキング1位(2018年-日本は54位)」を実現できる秘密は、“マイタイム”にありました!

    “マイタイム”とは、「自分のための時間」です。仕事でも家事でも、家族のためでもない時間。たとえば、趣味に没頭したり、エクササイズをしたり、読書をしたり、一人でカフェでのんびりしたり、友人と心ゆくまでおしゃべりを楽しんだり…….。

    日本でも共働き世帯の比率は5割を超え、多くの女性が仕事に家事、育児にと懸命にがんばっています。しかし、ともすると自分以外の人のために尽くすばかりで、自分のことが疎かになりがちです。
    日本在住経験もある著者のモニカ・ルーッコネンは、「日本人や日本の文化が大好き。でも、日本人女性は仕事に家事に育児にがんばりすぎだと思います」と説きます。フィンランドに根付く、どんなに忙しくても“マイタイム”を持つことの大切さと、始め方を伝授します。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方
  • マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中