ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】

  • 龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】

電子書籍版

龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    274
  • デジタルコンテンツタイトル名
    龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】
  • ISBN
    978-4-576-18008-3
  • 発売日
    2018年04月01日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 嫌われていても、わたしはこんなにおまえが愛おしい

    貧乏没落貴族の紅玉院清伊は舞姫として参内した御所で、四天王家筆頭蒼玉宮家一の君・光雅に攫われて……龍人たちが彩る王朝絵巻!

    貧乏没落貴族の紅玉院清伊は、舞姫として参内した御所で蒼玉宮光雅に攫われてしまう。四天王家筆頭蒼玉宮家一の君にして文武両道、面差しも凜々しく美しい龍帝の覚えもめでたき蒼龍の君。帰さぬよ。そなたがわたしとの約束を思い出すまで――覚えのない約束を口実に心底楽しそうに人を幽閉する光雅。さらには清伊が幼い頃になくした宝珠を突きつけてきて……。紅龍の宝珠、それは清伊が龍帝の后たりえる証。言い知れぬ不安を抱きながらも、清伊は光雅の腕の中、初めて与えられる熱にいつしか……

    電子書籍限定の書き下ろし番外編SS「紅龍の手慰み~新婚生活余話~」を収録した限定版!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】
  • 龍の妻恋い~うそつき龍の嫁取綺譚~【電子限定版】

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中