ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学

  • これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学

電子書籍版

これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学
  • ISBN
    978-4-04-600888-6
  • 発売日
    2018年03月24日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「哲学」と聞くと、ああ何か難しそう…と思いますよね。僕も若い頃はそうでした。
    高校は日本史選択で西洋の歴史・文化は中学止まり。
    それにそもそも倫理や倫・政の授業なんてあったっけ? というレベル。

    けれど、さすがに先生と呼ばれる職業柄、完全逃避はやめ、なぜ難しいと思うのか? を考えてみたのです。
    自分なりに答えが2つ出ました。

    1「哲学」って何? ということを知らないから。
    2 各思想の流れというか、転換点を知らないから。

    そっか…、そうなんだ。ま、いつか勉強しよっと。
    と、そこで思考は停止しました。そして戻る通常運転の日々…。
    ああ、当時の自分に教えてやりたい。そこで止まっちゃ、もったいない。

    若い頃の僕に、現在の僕が説明したいと思います。

    まず1について。「哲学」は「人間とは何か?」を考える学問です。
    そして「世界とは何か?」を考える学問です。

    次に2について。転換点を知らないなら、流れがわかる図をお見せしましょう。
    この本には思想の一覧表を掲載しています。まずは“鳥の目”で全体を見渡す。
    そのさい、絶対に必要な人物や論だけは目立つようにしておきました(各章のイントロにも書いています)。

    ここで気付いてください。あなたは今、やはり「テツガク」しているのです。

    混迷を極めているように見える世界でも、古今東西、あることは必ず行われています。
    人間は正解なんてないことを好き勝手に考えてきたし、今も考えてる。「テツガク」している。
    本書を読めば、色んな考えの人と仲良くできるかも、と思えるかもしれませんよ。
    いや、やっぱり嫌だ、でもいいです。どんな考えの人と距離を取りたいのかも、はっきりしそうですよね。
    何にせよ「哲学」に正解はないのでお気楽に。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学
  • これまでイマイチ理解できなかった人も すぐにわかるようになる すごい哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中