ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門

  • Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門

電子書籍版

Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    272
  • デジタルコンテンツタイトル名
    Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門
  • ISBN
    978-4-89977-465-5
  • 発売日
    2018年03月09日

本商品は返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

3,600 (税込:3,888

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    【バッタ抜きで、サイの話を!】
    ちかごろ、世界中の建築家や学生の多くが、「サイ」や「バッタ」を使ってデザインをする。サイといっても「Rhinoceros」(3次元CAD)のことであり、バッタとはその上で走る「Grasshopper」(ビジュアルプログラミング言語)のことを指す。
    Rhinocerosは、もともと工業製品のデザインのために開発された3次元モデラーだったため、建築の世界ではさほど使われてこなかった。しかし、2007年にGrasshopperがリリースされた。  数値を変えるだけで、一度つくった形状を多様に変化させることができるため、デザインの方法を変えてしまった。
    Rhinoceros+Grasshopperは、画期的な建築デザインツールとして多くの若い建築家の心をとらえ、またたく間に世界中に広がっていったのだ。
    いっぽう日本では、バッタは使えても、肝心のサイが苦手で…というユーザーが、今でも少なくない。
    そこで本書では、実在する建物を教材に、サイによる、すぐに使える建築モデリングの手法を解説。
    日建設計DDLら、サイ(Rhinoceros)のパワー・ユーザーが書き下ろした建築設計のための渾身の一冊!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門
  • Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中