ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 妖楼蜜事

  • 妖楼蜜事

電子書籍版

妖楼蜜事

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    妖楼蜜事
  • 発売日
    2018年02月23日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

480 (税込:518

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「こんな噂を知ってるかい? 妖楼にはあやかしが集うという――」
    帝都最大の歓楽街、東座の奥にそれはある。
    男専門の廓、妖楼。
    雨の日に現れた客、霧島は店一番の花魁桔梗を指名するが、桔梗は自分の名代として茅を出向かせる。

    袖にされても桔梗を指名して通い続ける霧島と、その度に茅を名代として出す桔梗。
    そして、桔梗の代わりに霧島の話し相手になる茅。

    桔梗は何故頑なに会おうとしないのか。
    霧島は何故「桔梗に会わなければならない」のか。

    そこにはある過去と、それぞれの秘密が関係していた。
    なんとか間を取り持とうとする茅だったが、
    自身も霧島に惹かれていることに気づくと、次第に桔梗の代わりであることが苦しくなってしまい――。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル アスタリスク文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 妖楼蜜事
  • 妖楼蜜事

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中