ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

  • 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

電子書籍版

司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    236
  • デジタルコンテンツタイトル名
    司馬遼太郎で読み解く幕末・維新
  • ISBN
    978-4-584-12572-4
  • 発売日
    2018年02月16日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 難解な幕末・維新を、今こそ紐解こう!

    同書は、幕末・維新を舞台とした司馬遼太郎の小説・評論等を通して、幕末・維新を改めて考える一冊である。
    登場人物の多さ、複雑な人間関係、そして人々を突き動かした思想。
    「幕末・維新は、難解だ」――。こう感じている読者はぜひ読んで欲しい。
    比較文学者・小谷野敦氏が、この難解さを、現在の繋がりの中で考え、鮮やかに紐解いていく。

    私にはむしろ、今の日本にはすでに尊王攘夷思想が瀰漫していると思える。
    「攘夷」とはこの場合、「反米」であり「護憲」である。
    地政学的に西側に北朝鮮、中華人民共和国、ロシヤのような危険な国々を控えている日本は、
    憲法九条を改正して米国と連携するのがベストだが、それを理解しない精神論が、反米護憲である。(「あとがき」より)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ベスト新書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新
  • 司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中