ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録

  • 金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録

電子書籍版

金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    632
  • デジタルコンテンツタイトル名
    金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録
  • ISBN
    978-4-492-65484-2
  • 発売日
    2018年02月16日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

5,000 (税込:5,400

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 異例の金融緩和政策の正常化は今、金融市場の最大の注目点だ。
    日本銀行の国債買い入れペースの決定権は2016年9月、政策委員会から日銀の現場へと移っており、
    事実上、金融政策の正常化を進める環境は準備されてきた。
    今後、正常化策はどのように講じられていくのか。
    一方、2%の物価安定目標はどのように「柔軟化」されていくのか。

    著者は2012年7月~17年7月の5年間、日銀審議委員を務めた。
    その間、金融緩和の拡大策に対して「副作用が大きい」として反対票を投じ続けた。
    日銀は何を議論し、どのように決定してきたのか。
    圧倒的なリアリティをもって、日銀や世界の金融当局の議論を振り返る。

    本書は3部で構成され、非伝統的金融政策の本質を追究するとともに、1998年に施行された日本銀行法が持つ意味を改めて考察、
    また急拡大中のフィンテックへの中央銀行の対応を論じている。

    【主要目次】
    第I部 非伝統的金融政策の評価
    第1章 限界に直面した非伝統的金融政策
    第2章 最近の非伝統的手段の検証
    第3章 非伝統的金融政策の系譜
    第4章 金融政策の新潮流

    第II部 日本銀行の役割 
    第5章 日本銀行法改正20年の軌跡と評価
    第6章 日本銀行の中核的政策の現状
    第7章 日本銀行のフロンティア

    第III部 フィンテックをどうとらえるか
    第8章 AIの金融市場、中央銀行業務への浸透
    第9章 デジタル通貨の可能性

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録
  • 金融政策の全論点―日銀審議委員5年間の記録

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中