ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない

  • コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない

電子書籍版

コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2018年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    200
  • デジタルコンテンツタイトル名
    コミュ障のための聴き方・話し方
  • ISBN
    978-4-534-05554-5
  • 発売日
    2018年02月02日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,300 (税込:1,430

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「私、コミュ障だから……」
    自分がうまく話せないことを、「コミュ障」の一言で片づけていませんか。

    自身のコミュニケーション能力を低いと感じる「コミュニケーション障害」、すなわち「コミュ障」に悩んでいる方が、近年増加中です。

    コミュ障で悩んでもいいのです。
    ただ、悩んだまま何もしなければ、人と接点をもつのがますますイヤになるおそれもあります。
    「上手なコミュニケーションができない」からといって、「上手なコミュニケーションができる可能性がない」ということではないのです。

    しかし、コミュ障の人は「真面目な完璧主義者」が少なくありません。一般の人向けに書かれたコミュニケーション本を読むと、「こんなこと、自分にはできない!」と悩みをより深めてしまうこともあるでしょう。

    そこで本書では、コミュ障でありながら、ライターやラジオ番組のパーソナリティーとして初対面の人の取材を数多くこなせるまでになった著者が、自身の苦い経験をもとに、「常識以前のコミュニケーションのルール」をまとめました。

    「地雷を踏まない聴き方のルール」や「必要以上にビビらずに済む考え方」、「自分の緊張感を相手に悟られないコツ」など、頑張らずにうまくいくノウハウを解説しています。

    本書を読めば、「これなら自分にもできるかもしれない」と実感できるはずです。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない
  • コミュ障のための聴き方・話し方 人と会っても疲れない

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中