ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カムイ伝全集 第二部(11)

  • カムイ伝全集 第二部(11)

電子書籍版

カムイ伝全集 第二部(11)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2006年09月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(追加なし)
  • ページ数
    418
  • デジタルコンテンツタイトル名
    カムイ伝全集 第二部
  • ISBN
    978-4-09-187876-2
  • 発売日
    2017年12月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ▼第1章-歯ッ欠け〔一〕(喜太郎小屋)▼第2章-歯ッ欠け〔二〕(喜太郎小屋-隠山-土鬼-山師-狩り-死闘)

    ●主な登場人物-カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、正助(日置大一揆を指導した廉で舌を抜かれた元農民。庄左ヱ門と名を改め、土木測量に従事する黒鍬衆頭に)
    ●あらすじ-大場出羽守が、実子・ドド丸のために異国人から入手した子供用ラッパ。そのラッパを管理する役目を仰せつかった家臣の小堀伝兵衛だが、ある日、ラッパで遊んでいたドド丸が手放したすきに、カラスに取られてしまう事件が起きた。責任を取って伝兵衛は切腹し、長男はラッパを探しに当てもない旅へ出る。それから半年後、憔悴して行き倒れた彼を、谷地湯の湯番・喜太郎が助けるのだが…[歯ッ欠け〔一〕]。
    ●本巻の特徴-日置領・谷地湯。ここに一軒のさびれた湯宿がある。宿を管理する喜太郎は、歯ッ欠け率いる猿の群れを餌付けし、金塊を持って来させることに成功。ひそかに一攫千金を夢見る喜太郎のもとを、ある日、カムイとその甥・一太郎が訪れて…!?
    ●その他の登場人物-望月佐渡守(猿投沢城主。一万石だが酒井の陰の参謀で、権謀術数に長ける)、竹間沢(日置領竹間沢村庄屋)、一太郎(カムイの姉・ナナと正助の子。幼くして女忍サエサにさらわれ、殺し屋になるが、カムイに救われる)、苔丸(=スダレ。日置領内の百姓影組頭)、市兵衛(=市。港町・五代木の両替商・大文字屋番頭を称しているが、正体は不明)、アヤメ(竜之進の妻)、ナギラ(腕の良い猟師。十年来、白狼の毛皮を狙っている)、喜太郎(日置火山帯の鉱泉にある谷地湯で湯宿を営む男。猿を手なずけ、金塊を集めることに執心)、歯ッ欠け(日置領風鳴りの谷の猿群の中で、かつて実力第4位のボス猿。長耳に敗れ、その座を追われるも復帰を狙う)、ダルマ(第一ボス猿)、キズ(第二ボス猿だった)、チョンマゲ(はねっ返りの若猿だが、第二ボス猿に)、アバタ(第三ボス猿)、ハゲ(第四ボス猿だったが、下位に転落)、長耳(日置領内の谷地に住む猿群の新ボス猿)、白狼(日置一帯の狼群のボス。幼い頃にカムイと出会っている)、洋犬(巨大で獰猛な犬)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ビッグコミックススペシャル
掲載誌 ビッグコミック
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • カムイ伝全集 第二部(11)
  • カムイ伝全集 第二部(11)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中