ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • やみ窓 (角川ebook)

  • やみ窓 (角川ebook)

電子書籍版

やみ窓 (角川ebook)

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    やみ窓 (角川ebook)
  • 発売日
    2018年01月05日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,100 (税込:1,188

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2年前に結婚し、夫と死別した柚子は昼間はコールセンターでシフト制で働くフリーターだ。義理の母は柚子に息子を殺されたと罵倒する。柚子が味わった地獄は、別の形となって続いていた。それは何の前触れもなく突然やってくる異界のものたちとの闇の取引だ。いつ蹂躙されるともしれない危険と隣り合わせだが、窓の外の哀れな貧しい物の怪たちの来訪を待ちわびる柚子なのであった……。(「やみ窓」)
    月蝕の夜、「かみさん……」と声が聞こえてきた。土の匂いのする風が吹き、野分の後のように割れた叢に一人の娘が立っていた。訛りがきつく何をしゃべっているか聞き取れないが、柚子を祈り、崇めていることが分かった。ある夜、娘は手織りの素朴な反物を持ってきた。その反物はネットオークションで高額な値が付き……。そんなとき団地で出会った老婦人の千代は、ネットオークションで売り出した布と同じ柄の着物を持っていたのだ。その織物にはある呪われた伝説があった……。(「やみ織」)
    ほか、亡き夫の死因が徐々に明らかにされ、夢と現の境界があいまいになっていく眩暈を描いた「やみ児」、そして連作中、唯一異界の者の視点で描いた「祠の灯り」でついに物語は大団円に。新人とは思えない筆致で細部まで幻想と現実のあわいを描き、地獄という恐怖と快楽に迫った傑作。
    ※本作は、第10回『幽』文学賞 短篇部門 大賞受賞作「やみ窓」を加筆・修正し、単行本化したものが底本です。

    ※本書は、2016年12月24日に配信を開始した単行本「やみ窓」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 角川ebook
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • やみ窓 (角川ebook)
  • やみ窓 (角川ebook)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中