ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―

  • アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―

電子書籍版

アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2017年12月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    288
  • デジタルコンテンツタイトル名
    アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―
  • ISBN
    978-4-8399-6475-7
  • 発売日
    2017年12月15日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

2,214 (税込:2,391

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    囲碁AIの碁をトップ棋士が徹底解剖!

    「アルファ碁は何を考えていたのか?」
    アルファ碁の棋譜が公開されてから多くの時間が経ち、プロ棋士達によって研究が進んでいます。

    アルファ碁の手は人間なりの解釈がされ、その多くは人間の碁に取り入れられています。「いきなりの三々」は大流行形になっていますし、「五線への肩ツキ」も違和感なく打たれるようになりました。また、他の囲碁AIが凄まじい勢いで進化しているのも、周知のところでしょう。

    本書は、囲碁AIによって生み出された新手や新しい価値観などがよく表れている特徴的な局面を題材とし、トップ棋士3人にその見解や自分ならどう打つか、という思考を語ってもらいます。回答者は、小松英樹九段、河野臨九段、一力遼七段というトップ棋士3人。取り上げるのは「アルファ碁」の打碁から10局、「DeepZenGo」の打碁から2局。回答者の一人である、小松九段が選定しただけあって良問揃いで、小松九段ご本人も含め、河野九段と一力七段も悩みながらの回答となりました。

    その思考を鑑賞するだけでも良いですが、一緒に考えてトップ棋士と回答を照らし合わせるのも面白く、より上達の参考になるでしょう。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 囲碁人ブックス
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―
  • アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖―

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中